記憶、脳と言語獲得

私たちは、毎日新しい情報を大量に見聞きしており、記憶が必要なものもあれば、そうでないものもあります。新たな友人と出会ったときには、顔などを記憶しながら、常にこうした情報に接しています。 語学学習の経験を重ねると、言語は社交のようなものであることに気づかれるでしょう。友人の繋がりの代わりに単語の繋がりが展開されるところを除いて同じです。このような視点で言語を見てみると、これらのデータを知るほどに楽しくなるでしょう。 言語とは自然なもので、あらゆる人間が自然に使いこなすことができるため、自然な方法で学習することが合理的です。既に発音を知っている単語であれば、文字による認識が容易になることが研究と流暢性を達成したあまたの学習者の経験から分かっています。自分が使って話すことのできる単語は、既に体得しているのです。文字は記録にすぎず、ただ書かれているだけの単語を暗記するよりも、既に知っているものを文字の形に変換するほうが簡単です。 文字のみから言語を学習しようとすると、それは骨の折れる作業になってしまいます。既に話すことのできる言語の読み書きを学習することは、まったく困難ではありません。 »

Glossika 出版教材

IPA に基づく音声転写にて、できるだけ詳細に発音を表記していますが、一部の言語ではそれが可能でないこともあります。 IPA の表記法は複数存在するため、当社の書籍では、基本型の発音(音素)は「/ /」の記号を使い、実際の発音(表音)は「[ ]」の記号で区別します。 IPA は、外国語の発音を最も正確かつ科学的に表記する方法です。語学トレーニングガイドに IPA を採用することで、従来的な語学関連書籍の形からの脱却を図りました。IPA は、以前までは大学の講義などを取ることでしか学習できなかったものですが、現在では »